The Culling(ザ・カリング)推奨PCスペックや動作環境

The Culling(ザ・カリング)

The Culling(ザ・カリング)はSteamにて早期アクセスでプレイ可能なバトルロワイヤル風サバイバルゲームです。

ゲームコンテンツは自分以外は全部「敵」なFree For All、Team Match、チュートリアルプレイが用意されています。

最大16人での対人戦となり孤島の島で最後の1人になるまで戦い続けていきます。試合は制限時間が設けられており一定時間になると外周から毒ガスが迫ってきます。毒ガスは止まるわけでもなく時間になるとマップ全部を多い尽くすので毒ガスが来る前に相手を倒すか、毒ガスにまみれて体力が削られながらも僅差で生き残るか…など戦略も考慮してプレイができるSteam早期アクセスゲームでもオススメのタイトルです。

現在は日本語対応されていないので全て表記は英語ですが実況している人やチュートリアルをプレイすれば全然プレイ可能!

FPS視点のゲームだと銃撃戦がメインとなっているジャンルは多いですがThe Culling(ザ・カリング)については近接戦闘メインな感じで開発がされているそうです。確かに飛び道具は弓、銃などありますが手に入れるには少し手間がかかります。

一応、調べた情報だと2017年までは早期アクセスでフィードバックをもらいながら製品版に仕上げていく予定のようです。2016年3月に登場した新作ゲームなのでこれからアップデートによってどのように変わっていくのか楽しみです。

The Culling(ザ・カリング)の動作環境

まだ製品版ではないので推奨動作環境など発表されていません。Steamで一応、最低動作環境は表記されているので下記のスペックよりも高いパソコンならとりあえず動きます。

OS Windows7/8.1/10(64bitのみ)
CPU Intel Core i3 560以上 / AMD Phenom2 X4 945以上
メモリ 4GB RAM
グラボ GTX460以上 / Radeon5850以上
DirectX Version11
ストレージ 8GB以上の空き容量

これがThe Culling(ザ・カリング)の最低動作環境になっています。最近のゲームPCを持っている方なら余裕で動作環境をクリアしているはずなので高画質設定でもスムーズに動きます。

ちなみに私はGTX970搭載ゲームPCを使っていますが何の不自由もなく快適にプレイできています。私の使っているPC環境を述べておくと…

ドスパラガレリアXF

OS Windows10(64bit)
CPU インテル Core i7-6700
メモリ 16GB RAM
グラボ GTX970(4GB)
ストレージ ハードディスク2TB+SSD250GB
電源ユニット 600W静音電源 80PLUS TITANIUM

ドスパラでゲーミングPCは買っています。基本ベースからメモリ、電源などをカスマイズした状態です。あと一応、静音まんぞくパックコース、グリスとかもカスタマイズしています。

The Culling(ザ・カリング)におすすめな推奨スペックPC

完全に個人的見解ですがグラボはGTX960でも十分だと思います。その他パーツ構成もBTOゲームブランドの基本構成でも十分いけるかと。旧世代のGTX750、GTX780でも余裕でしょう。

最低動作環境のGTX460だとビデオメモリが1024MBだから最近の2GB、4GB搭載のグラボなら余裕です。

まだ発売されて間もないしこれからパッチで最適化もされてくるだろうから最終的な動作環境は全然わからないけど製品版であってもGTX960クラスの性能があれば快適にプレイできるんじゃないかと睨んでいます。

んで、おすすめできるゲームPCを紹介してみようと思うけど管理人はドスパラでしかゲームPCを買ったことがないので全てガレリアシリーズになっています。ドスパラ以外がいい人はG-Tune、パソコン工房、サイコム、ツクモなんかも覗いてみてください。

ドスパラ「ガレリアXT」

OS Windows10(64bit)
CPU インテル Core i7-6700
メモリ 8GB RAM
グラボ GTX960(2GB)
ストレージ ハードディスク2TB+SSD480GB
電源ユニット 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)

このモデルはドスパラゲームPCでも一番の売れ筋です。書いている時点(2016年3月)ではSSD480GB無料プレゼントキャンペーンを行っているのでお買い得ですね。

The Culling(ザ・カリング)をメインプレイするなら特にカスマイズする必要もないんじゃないかな。PCの寿命とか電気代とか気にするなら電源ユニットだけグレードアップさせておけば精神面でも安心できるかと。

ドスパラ「ガレリアXF」

OS Windows10(64bit)
CPU インテル Core i7-6700
メモリ 8GB RAM
グラボ GTX970(4GB)
ストレージ ハードディスク2TB+SSD480GB
電源ユニット 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)

私も使っているモデルのベースです。こちらも現在はSSD480GBが無料プレゼント中!お買い得です。単純にXTよりグラボ性能がアップしているのでグラボ分、本体価格も高くなっている感じです。

カスマイズするならメモリ、電源かなぁ〜。あとレビュー見ると静音まんぞくパックコースをつけないとファンの音が気になる方もいたので静音性を意識するなら付けておきましょう。


参考になるわからないけどYouTube実況とか見てThe Culling(ザ・カリング)に興味を持った方は動作するパソコンとSteamに繋いでプレイしてみてください。最後の方まで残ると緊張感あって面白いです。

優勝しても「VICTORY」って出て初期画面に戻るので達成感が少ないですがゲーム中は本当に手に汗握る緊迫感のあるプレイできます。

ちなみに友人がFPSゲームで勝てる高性能なデスクトップ型ゲームPCを紹介しているサイトを運営しているので良かったらこちらも覗いてみてください。

トップへ戻る

関連コンテンツ

Copyright © The Culling(ザ・カリング)推奨PCスペックや動作環境 All rights reserved